クレジットカード現金化で本人確認不要ってある?

クレジットカードの現金化をするにあたり、身分確認が求められるため身分証明書の提出をしなければいけません。
しかしインターネットの業者に身分証明書を提出するのは何か怖いと思うかもしれません。
果たして本人確認なしでクレジットカードの現金化はできるのでしょうか。

クレジットカード現金化は原則確認が必要になる

結論から言えば、クレジットカードの現金化において本人確認は原則必要です。
なぜなら、買取式のクレジットカード現金化業者は商品を買取することで現金化をしていますが、これが古物商行為に該当するからです。
確かに現金化業者はクレジットカード現金化しているだけですが、購入した商品の買取を行っているからには古物営業法を守らなければいけません。
商品を買取するときには古物許可が必要になりますが、この際には法律で身分証明証の提示が求められているからです。
さらにもう一つに理由としてクレジットカードの不正利用を防止するためというものがあります。
クレジットカードで買い物することは借金と同じですから、業者は本人確認をして安全に実行する義務があります。
このような理由によりクレジットカードの現金化をするときには本人確認が必要になります。

本人確認のない現金化はないの?

では現金化では必ず身分証明書の提示が必要になるのでしょうか?
一部、本人確認をしなくても良い可能性があります。
というのも、クレジットカードの現金化には「買取型」と「キャッシュバック型」がありますが、キャッシュバック型については本人確認が不要なケースがあるのです。
キャッシュバック型のカラクリは、カードで商品を購入しその「購入特典」として現金を受け取るという流れです。
つまり買取式のように購入した商品を現金化業者が買取ると入った行為がないため、古物営業法の対象になりません。
法律にて本人確認が義務付けられている方法でないため、確認手続きを省略しても法的には問題がないのです。
もし本人確認が絶対に嫌なのであれば、キャッシュバック型の業者を探すと良いでしょう。
ただし、一点注意が必要です。
キャッシュバック型でも不正利用防止の観点から本人確認が求められるケースがほとんどです。
不安な場合は直接業者に問い合わせを行って、本人確認があるのかどうか確認しておきましょう。

気をつけて!本人確認がない業者は怪しいかもしれない!

クレジットカード現金化業者を利用するときに本人確認書類を提出するように言われて不安かもしれません。
確かにどんな相手かわからないと自分の個人情報を提出するのは怖いですよね。
しかし、ちゃんとしたクレジットカード現金化業者の場合はしっかりと身分確認を行う傾向があります。
本人確認を求めない現金化業者は悪徳業者の可能性があるので注意しましょう。
買取型のクレジットカード現金化業者にもかかわらず本人確認を行わないなら法律違反ですし、本人確認を行わない業者はクレジットカードの不正な利用についてもあまり考えていない可能性があります。

クレジットカード現金化業者を利用する時は身分確認を行った方が安心

クレジットカード現金化業者を利用するときには原則、身分確認が行われるのがほとんどです。
しかしキャッシュバック型の現金化業者の場合、法律で身分確認が義務付けられていないため、キャッシュバック型の業者を利用すれば良いかもしれません。
ただししっかりと身分確認をしてくれる業者の方が安全であることは覚えておきましょう。