クレジットカード現金化は未成年でもできる?

クレジットカード現金化は本人名義のクレジットカードがあれば審査不要で現金化できます。
クレジットカード現金化は、未成年でもできるのでしょうか。

カードを作るために親の同意が必要

未成年でも18から20までの未成年なら、クレジットカードを作ることは可能です。
いわゆる学生カードと言われて、大学生、専門学生でもクレジットカードを作ることができます。
ただ、家族カードを作るためには親の同意が必要で、返済の義務を負えるような親が責任を持つことになります。
業者によっては学生カードでクレジットカード現金化ができるところも、ないわけではありません。
しかしながら、もともとの引き落とし先が親の口座になっていたり、たとえ隠して現金化できたとしても、カード会社の請求で必ず親には知られることになります。
カードの作成と、引き落としへの了承が必要ということになります。

ものを売るために親の同意が必要

商品の購入自体はネットで購入すれば、本人以外のカードで商品の購入も可能です。
たとえばカードのみ親から受け取っていて自由に使えるようなら、カードでの商品の購入はできます。
現金が欲しいのは何か欲しいのが理由なら、そのカードで商品を買ったほうが速いです。
しかしながら現金が欲しい場合は買った商品を直接換金ショップに持ち込むことで、現金化はできることになります。
ただ、こちらも商品を買取してもらうために親の了承が必要だったり、未成年では対応をおこなっていないこともあります。
カードを作るのも、カードの請求も、商品の転売も何かしらの形で親に知られる可能性が高いです。

社会的地位は確立していなく返済能力がないため親の同意が必要

未成年は社会的地位が確立していないこともあり、背景は学生や無収入がほとんどです。
現金化業者も買い取り業者もカード会社も、定期的な収入がない人に返済能力がないとみなすため、親の同意が必要になります。
そのため、何をするにも親の同意や確認が必要となり、自由にクレジットカード現金化ができないことになります。
未成年がお金に困ったら、自分で何とかしようとしないで、まず親に相談したほうが良いのかもしれません。
そのうえで何か対策を練ったり、新しい方法を模索できれば本人も親も同意しているため、物事がスムーズに進みやすいです。
また無理のないお金の使い方をそもそもすることが必要といえます。

クレジットカード現金化は未成年でもできないわけではない

クレジットカード現金化は未成年でもできないわけではありません。
学生カードを利用する、商品を転売して現金を手に入れることはできます。
しかしながら、カード会社、買い取り業者に対して、決まった収入がない分親の同意や了承が必要だったり、スムーズにいかないこともあります。
必ず親にどこかでバレるような流れとなっていたり、結果的に引き落としでバレることにもなります。
お金に困ったら素直に親に打ち明けたり、相談するような格好にしたほうが、話は速いかもしれません。
あとから知られることになって怒られるようになるとさらに面倒なこともありますし、今はうまくいっていても後から嫌な思いをすることがあります。